自己破産の費用相場とは?【失敗しないために知りたい基礎知識】

自己破産の費用相場とは?【失敗しないために知りたい基礎知識】

自己破産の費用相場とは?【失敗しないために知りたい基礎知識】

借金が払いきれなくなった時の手続きの一つとして、自己破産があります。自己破産というのは、裁判所に債務超過の状態であることを申し立てて、裁判所が事情に納得して免責の決定を出したときには借金の支払い義務が免除されるという法的手続きです。財産はほぼすべて失ってしまいますが、もともと資産を持っておらず借金苦で苦しんでいた人にとっては非常にメリットのある手続きといえます。
自己破産申し立ては、自分でも裁判所に申し立てることができますが、書類の準備などが大変ですので弁護士や司法書士といった専門家に依頼することがほとんどです。そのときには当然、書類作成の費用が発生しますが、この相場は事務所によってかなり異なりますので、相談に出向いたときに大体の費用を聞いておいたほうがよいでしょう。
破産申し立ての費用の相場は、裁判所に申し立てるときに収入印紙や切手代、官報掲載料として大体2万円近くかかります。これとは別に、専門家に支払う報酬金が必要ですが、こちらは相場があってないようなものですので直接依頼する専門家に聞くしかありません。一般的には、大体20~30万円程度といわれています。なお、収入がほとんどない人は法テラスの立て替え払い制度を利用することができますが、こちらは比較的安い相場になっており、大体10万円強~です。この金額を法テラスが専門家に一括で支払い、利用者が法テラスに分割で返していくという流れです。