自己破産のデメリット≪これだけは知っておきたい!自己破産知識≫

自己破産のデメリット≪これだけは知っておきたい!自己破産知識≫

自己破産のデメリット≪これだけは知っておきたい!自己破産知識≫

自己破産は債務整理の方法の一つです。裁判所から免責を許可される事によって、自己破産が成立すると、それまで抱えていた債務の返済義務が無くなります。他の債務整理方法が返済を続けなければならないという事に比べれば、非常に大きなメリットがあるといえます。だから、負債額があまりにも大きく、現在の返済能力ではどうしようもなくなってしまった場合に取れる手段となっています。しかし、自己破産は一方でデメリットも大きくなっています。
 まず、99万円以下の現金と、20万円以下の資産を除いた財産がある場合は、手放さなくてはなりません。車や家等の大きな資産がこれにあたります。ただし、生活において必要最低限の生活費や家具、家電まで失う事はありません。
 次に、信用情報に事故情報として記載されてしまいます。信用情報に傷がついている状態では、クレジットやローン等といった借金の申込をしても、審査に通らなくなります。信用情報に記載されるのは5~10年程となっていて、この期間を過ぎれば、各会社によって基準はありますが、再びローンやクレジット等を利用する事ができるようになります。
 また、一部の職業に一時的に就けなくなります。もし、制限される職業に就いていたら退任しなければなりません。しかし、一定期間を過ぎれば、再びその職に就く事は可能となっています。
 このように自己破産にはデメリットが多くあります。しかし、借金の返済が無くなると、気持ちに余裕ができ、スッキリした気持ちで生活を再スタートさせる事ができます。メリットとデメリットを良く吟味し、債務整理方法を考えてみましょう。