自己破産2回目の可能性と注意点について|自己破産お助けガイド

自己破産2回目の可能性と注意点について|自己破産お助けガイド

自己破産2回目の可能性と注意点について|自己破産お助けガイド

自己破産のメリットは全ての債務がゼロになる事です。
しかし、このメリットの裏には財産を処分しなければならないと言ったデメリットや、自己破産をすることで官報に掲載されるため、一定の期間の中では新しい借金を行う事や、クレジットカードを作ると言った事が出来なくなります。

また、破産の手続きが開始されると自己破産の確定が行われるまでの期間、職業における制限が設けられることや、マイホームを所有している場合は、それを手放さなければならないなど、幾つかのデメリット要素も有ります。

尚、自己破産をすることで官報に掲載されると言うのは、自己破産と言う手続きが裁判所を通じて行われるからで、裁判所の中で決定した事項については、国が発行する情報誌となる官報に掲載されることになるのです。

所で、自己破産は一回目の時は免責が下されても、二回目になると免責が難くなると言われています。
これは一回目と比べると、二回目というものには難易度が有ると言うことなのです。
また、一回目の破産を確定してから7年の間は二回目の自己破産の手続きを行う事が出来ないと言われています。

因みに、官報に掲載されると5年から7年の間は新たな借金やクレジットカードを作ることが出来ません。

官報の情報は、国内の信用情報機関が共有化をしており、信用情報機関が管理をしている個人信用情報は、金融機関などが審査を行う際に利用するデータベースです。
情報の中に、破産などの事実が明記されている事で、審査に通ることは出来ませんので、官報に掲載されることで新たな借金をすることが出来ないと言う事です。